介護まるごとコンシェルジュ

「介護まるごとコンシェルジュ」講習会

主に企業の労務に係る方のための講習会です。介護アドバイザーと同様な講習会です。老後を安心して暮らすためには、介護サービスだけでなく、市の福祉サービス、医療サービス、その周辺のこと。また日常生活に必要な、安くて良い商品のネット購入の知識等、具体的な知識についても勉強していきます。

コンシェルジュとは「総合世話係」と訳しますが、【介護まるごとコンシェルジュ】とは「年をとっても、その住み慣れた地域で、最後まで、安心して暮らしていくための知識や情報の勉強をしている人」を指します。各業界で働いてきた方を講師に招いて勉強会と情報交換をしていきます。

地域に密着している企業様が社会貢献活動として、地域の居場所(はぐろサロン)づくりに対して賛助会員となり協力しています。

広い意味での老後のニーズに地域全体で取り組み、そのお世話をするのが【介護まるごとコンシェルジュ】です。ひとり暮らしの生活に必要な住宅改修、物品やサービスの割安な購入、アフターケア等にも配慮した地域密着型の小規模で親切な事業所を探して紹介支援致します。老人ホーム、シェアハウス等、住まい探しのご相談もお受けし、見学等のお手伝いも致します。

そんな総合的な介護の周辺のニーズに応えられる知識と実行能力を持った支援員を【介護まるごとコンシェルジュ】と呼び、育成していきます。

企業への文5.16