老後の安心=サロンで社会貢献活動しながら「どう死ぬか」考える

「自助・互助を主体にした地域福祉」をサロンから提案します。

☆65歳になったらサロン活動をしましょう!☆

「65歳から75歳まで人生の振り返り、自分史に残す→後世に(デジタル自分史)「どう生きたか!」を考え、75歳になったら時「どこで、どう死ぬか!」考え(事前指示書)に残す。

◎サロン事業は、自助・互助を主体として、会員さんの創意工夫で行うものです。2000年に制定された社会福祉法に基づき、~2040の日本の福祉のあり方をみんなで考えましょう。「措置から契約の時代へ!自ら地域福祉の推進」

最新情報 

新聞掲載

「昭和カフェ」