「介護サービス民間事業者連絡会」に参加しませんか?

「介護サービス民間事業者連絡会」を作り、情報共有と事業連携を始めました。貴社の生き残りのために参加しませんか?

平成29年3月に発表された「地域包括ケア研究会の報告書、~2040年への挑戦」に示されているように、今後小規模な介護サービス事業者は単独では生き残れない時代となります。小さな事業者が生き残るために私達は民間事業者間の共同・協同の道を選びました。是非ご参加ください!

小規模多機能の挑戦:小規模多機能型居宅介護+サロン=共生社会の推進 (介護業界と企業の地域貢献活動が介護離職を防ぐ)

5月24日の「ケアニン」上映会を機に、この映画の中に登場する「小規模多機能型居宅介護」という介護サービスの普及活動に力を入れるため、「ぐんま小規模多機能サロン研究会in伊勢崎」プロジェクトを立ち上げました。介護事業を経営している事業者の方が団塊世代のケアに対応するため、小規模多機能をバージョンアップする研究会を企画しました。団塊世代の介護には小規模多機能が最適だと考えますが、若年性認知症の方の受け入れや、障がい者の受け入れを可能にするためには、高齢利用者が多い小規模多機能施設本体では長時間の居場所として違和感があり、社会とのつながりを維持するためのサロン運営について挑戦しています。

「ぐんま小規模多機能サロン研究会 in伊勢崎」

小規模多機能の深化・進化のための研究会です。団塊世代の老後の安心を確保するため、小規模多機能のあり方、経営、運営方法、ケア方法、記録方法、リスクマネジメント、地域への展開、共生社会の推進とどう結びつけるか、等、日本が高齢先進国としてやるべき情報交流研究会です。小規模多機能の皆さんはもちろんですが、医療・介護・企業のみなさんの参加をお待ちしています!またシルバービジネスをお考えの企業の皆さんとの商品、サービスの共同開発も考え、福祉業界の底上げも企画します。SOCIAL ACTIVITY に賛同しました。

高齢先進国モデル構想会議趣意書 2011年に発表されています。素晴らしい取り組みだと思います。

担当:阿久津・石原・内藤 3人とも群馬県地域密着型サービス連絡協議会の役員です。

 

小規模多機能現場研修会

小規模多機能で働く現場のケアマネ、看護職、介護職等が事例を持ち寄り、ケアの質を高めるための研修会です!担当:梅原

「介護まるごとコンシェルジュ」勉強会

介護アドバイザーの知識の講習会ですが、プラス、介護の周辺知識(サービス事業所情報、最新福祉用具の知識、民間サービス、スグれもの商品等、知っていたら助かる情報等)の勉強会。担当:潮田益道氏・小川友秀氏